活動状況


2020 Dec

日本ダウン症協会「2021年 ダウン症啓発ポスター」制作協力

日本ダウン症協会「2021年 ダウン症啓発ポスター」

・Catchphrase:馬場巧
・Creative Direction:Curly_mads

2020 Aug

Parco劇場オープニング・シリーズ『チョコレートドーナツ』に、高橋永さん、丹下開登さんの出演が決定!

全米映画祭が絶賛、観客賞を総ナメにし、日本でもロングランヒットした映画「チョコレートドーナツ(原題:ANY DAY NOW)」。
実話から生まれた、魂を震わせる珠玉の作品を東山紀之さん主演、宮本亞門さん演出で世界初の舞台化。作品の中で重要な役であるマルコ役に、高橋永さんと丹下開登さんの出演が決定いたしました。
sweet factoryからは、エレメンツ馬場巧と、sweet factory第三回公演『継承』にもお手伝いで入ってくださった俳優の本郷小次郎さんがサポートチームとして稽古に参加。稽古場や、稽古場外の自主稽古でも細やかに2人をサポートしています。

PARCO劇場オープニング・シリーズ「チョコレートドーナツ」
●公演日程

2020年12月7日(月)~12月30日(水)@PARCO劇場
他、地方公演:2021年1月~ 長野、仙台、大阪、愛知

●原作

トラヴィス・ファイン(トラヴィス・ファイン監督『チョコレートドーナツ』より)

●翻案・脚本

谷賢一

●訳詞

及川眠子

●演出

宮本亞門

●出演

東山紀之
谷原章介
堀部圭亮 八十田勇一 大西多摩恵 下総源太朗
まりゑ エミ・エレオノーラ 矢野デイビット
高橋永/丹下開登(ダブルキャスト)
穴沢裕介 佐々木崇 高木勇次朗 シュート・チェン 米澤拓真
モロ師岡 高畑淳子

▽チョコレートドーナツ HP
https://stage.parco.jp/program/choco/

2020 Jan

日本ダウン症協会「2020年 ダウン症啓発ポスター」制作協力

日本ダウン症協会「2020年 ダウン症啓発ポスター」

・Catchphrase:馬場巧
・Creative Direction:Curly_mads

2019 Sep

映画「タロウのバカ」に、角谷藍子ちゃんが出演いたします。

2019年9月6日(金)から公開の映画「タロウのバカ」に、角谷藍子ちゃんが出演。
劇中にて「あいこでしょ」を歌唱しています。ぜひ、全国の映画館にてご覧ください。
「タロウのバカ」
監督:大森立嗣
出演:YOSHI 菅田将暉 仲野太賀 他
▽「タロウのバカ」公式サイト
http://www.taro-baka.jp/

2019 Jan

日本ダウン症協会「2019年 ダウン症啓発ポスター」制作協力

日本ダウン症協会「2019年 ダウン症啓発ポスター」

・Catchphrase:馬場巧
・Creative Direction:Curly_mads

2019 Jan

1月5日(土) ブルックリンリボンフライ駒沢店にてワークショップ開催!

実施日:2019年1月5日(土)
会場:BROOKLYN RIBBON FRIES KOMAZAWA
   http://brooklynribbonfries.com/index.html
企画・制作:sweet factory
内容:
デザイナー/アートディレクターのcurly_mads先生による「国獣展」とコラボレーションしてワークショップを開催。色と動物を組み合わせて、世界に一つだけのオリジナルの国旗を作りました!
●国獣について、詳しくは→http://www.curlymads.com/kokujuproject

1月5日(土) ブルックリンリボンフライ駒沢店にてワークショップ開催!
1月5日(土) ブルックリンリボンフライ駒沢店にてワークショップ開催!
1月5日(土) ブルックリンリボンフライ駒沢店にてワークショップ開催!
1月5日(土) ブルックリンリボンフライ駒沢店にてワークショップ開催!
2017 Aug

ラブジャンクスCDプロジェクトに参加しました

ラブジャンクスCDプロジェクト

2017年、活動開始から15周年を迎えたラブジャンクスが新たな目標を掲げ挑むCDプロジェクトに、sweet factoryが参加させて頂きました!
ヴォーカルはCDプロジェクトのオーディションで大抜擢された角谷藍子ちゃん。
藍子ちゃんは初めてのレコーディングという事で最初はとても緊張していましたが、sweet factoryスタッフと共に月に2~3回のペースでスタジオで歌の練習や活舌の練習を行い、レコーディングに慣れる為に何回か歌録りを行って自分の声を客観的に聞いてみるなどの訓練をした結果、最初は苦手だった活舌や発声などを徐々に克服!2017年6月25日中野サンプラザにて行われた歌の初披露目は大成功で終えることが出来ました!
sweet factoryのスタッフでもある千晴が作詞、Jazzピアニストの木原健太郎が作曲を手掛けています。藍子ちゃんと皆の想いがいっぱい詰まった「あいこでしょ」、是非お聴きください!

●ラブジャンクスCDプロジェクトとは?

多くの方にダウン症のある方について知ってもらいたい。
知ってもらう事によって誤解や偏見をなくし、その可能性に触れてもらう事で未来が切り開けていく。
その信念のもと2002年から活動を開始してきました。
数多くのメディアに取り上げていただき、また世界ダウン症会議への参加、ダンスイベントの開催、演劇への挑戦などを通してダウン症のある方たちの可能性を伝えてきました。
15年を迎え、その集大成としてラブジャンクスが挑むのがこのCDプロジェクトです。
歌をとおして、直に伝えるメッセージ。
目指すは日本の歌番組の最高峰、NHK紅白歌合戦への出場!!!
そんな無謀とも思える目標に向かい一歩を踏み出しました。

(ラブジャンクス HPより抜粋)

2017 Jan

日本ダウン症協会 「2017年 ダウン症啓発ポスター」制作協力

日本ダウン症協会 「2017年 ダウン症啓発ポスター」

・Catchphrase:馬場巧
・Creative Direction:Curly_mads

2016 Jun 7

舞台「継承~the succession~」全公演終了いたしました!

舞台「継承~the succession~」
●公演日程

2016年7月21日(木)〜7月24日(日)
全5回公演、総動員数720名

●劇場

中野ザ・ポケット

●チケット

前売り 4,000円 / 当日 4,500円
(全席指定・税込)

●クラウドファンディングにご支援頂いた皆様

Yumi Shimada さま/井本喜久 さま/やま さま/Yalang さま/Chie さま/KZK さま/なかふく さま/ロク さま/松井里加 さま/木谷真規 さま/綿引さやか さま/マサ さま/高橋信太郎 さま/ATAKA音楽教室 さま/株式会社キョードー大阪 さま/Taku Kurita さま/かめかえるうさぎ さま/加邉晴彦 さま/zee さま/nino さま/ Yusuke Eguchi さま/MIYU さま/新名真裕美 さま/久田裕通 さま/舟橋惠子 さま/未熟児・病児・障害児親と応援団の広場「がんばりっこ仲間」 さま/その他、沢山のみなさま

●チーフプロデューサー

野村昌史

●プロデューサー

浅沼知子

●スーパーバイザー

馬場巧

●作・演出

町田誠也(R:MIX)

●脚本補佐

馬場巧

●キャスト

佐々木光一、鈴木一之、前田薫
藤田信宏、高橋玲、大岩主弥
人見早苗、宮崎重信、今村祈履
井澤純、島田佳織、田中良、福森和浩、待寺優
及川崇治、横田遼、川村朋栄
福山健介、宮川翔一郎、前田佳輝

●スタッフ

アクション監督:藤田信宏(演激集団INDIGO PLANTS)/アクション指導補佐:人見早苗(劇団BRATS)  宮崎重信 高橋玲/舞台監督:岩淵吉能/舞台美術:濱崎賢二/照明plan:鈴木 悟(MOON LIGHT)/照明ope:佐野まゆみ(MOON LIGHT)/音響:大庭隆之/音効操作:宮本雅行/衣装:友森麻由子/ヘアメイクプラン:MANAMI/ヘアメイク:松井里加/楽曲制作:SHOGO Micchiy(JMC) 千晴/タイトル文字:岡部亜美(関東LOVE JUNX)/イラスト:奥山佳恵/宣伝美術/写真撮影:curly_mads/サポートスタッフ:本郷小次郎 須高昇矢 水樹枝里 坂本晃子 牧村柊亜 稲垣慶 片山絵美 遠藤景子 埜多美也子 大石ゆめ 杉咲和彌(オフィス カンナ・ビス)/制作:富板久美子 瀬戸山京子
企画・製作:有限会社エレメンツ 株式会社エクシタン


●本番直前の通し稽古を観たプロデューサーからのメッセージ

『ダウン症のある方々との本格的な舞台は難しいのではないか』
そう言われていた前回のsweet factory第一回 演劇公演が
驚きと感動で幕を降ろしてから1年。
笑いの絶えない稽古場で
キャストとスタッフが一丸となって四苦八苦しながら創りあげた「継承」は
応援してくださる皆様のお陰で
再演の場を与えてもらえることになりました。

再演としての演目は同じでも
彼らなら必ずまた、前進した姿を見せてくれるはず。
そう信じて
今回は細かいことに口を出さず、見守ることにしました。
そして
稽古場での最後の通しを初めて観ました。

驚きました。
さらに上達しているはず、と信じていたはずなのに、
彼らに出来ないことはない、と信じていたはずなのに、
その進化の幅に、驚いてしまいました。
僕はきっと無意識のうちに
彼らの進化の幅を決めつけていたのだと反省しました。

彼らの可能性は無限です。
わかっていたはずの僕ですら、改めてそう思ってしまったのですから
まだ体験したことのない皆さまは是非、
自らの思い込みの壁を超えるためにご来場ください。
昨年の初演をご覧くださった皆さまは
これがただの再演ではなく、昨年からの延長上にある進化の過程として
さらに楽しんでいただけると思います。

彼らの可能性は、無限。
それはつまり
僕たち誰にでも当てはまることです。
この舞台を観て僕が気付かされたこと。
それは 48歳を迎えてなお、僕にだって
無限の可能性があるのだ。

皆さまにも是非 この想いを感じていただけましたら幸いです。
プロジェクトを推進するいちスタッフとしても、
初演から虜になってしまったいちファンとしても、
皆さまのご来場を心よりお待ち申し上げます。

チーフプロデューサー
(ただのファン)
野村昌史


●舞台「継承~the succession~」感想

オープニング早々、ダウン症のある役者さんがそろってかっこよくカンフーアクションをしている姿を見て、目がウルむ。
まだなにも、ひとことも言葉を発する前から胸が熱くなる。熱い気迫がステージから飛び出しているみたいだった!
去年に続いて2度目の観賞でしたが、2時間が、あっっっという間でした!

奥山佳恵さんオフィシャルブログより引用

ダウン症のある人たちに対する世間のイメージは「弱い」とされているとおもいます。でもこの舞台を見ると、そのイメージが覆ります。
本当の意味での強さを、ダウン症のある人たちは身につけることができます。
そしてもしかしたら健常と言われている人たち以上にその強さを元々備えているような気さえしてきました。
3人の修行者は舞台の中で鍛錬を積むのですが、それが見せかけではありませんでした。
彼らが極限まで身体を鍛え、心を鍛え、そしてこの舞台のために全身全霊で練習を積んできたのが伝わってきました。

龍円愛梨さんオフィシャルブログより引用

2016 Jan

日本ダウン症協会 「2016年 ダウン症啓発ポスター」制作協力

日本ダウン症協会 「2016年 ダウン症啓発ポスター」

・Catchphrase:馬場巧
・Creative Direction:Curly_mads